月刊四谷マガジン君Gekkan Yotsuya magajin-kun

ポテチ勝手に名鑑その61:しおとごま油味

アルプスワインで〜ヨロレイヒ〜♪

これで何だかわかったら、あなたは長野県民ですね!

五一ワインよりマイナーなアルプスワインのCMなのに!

さて、アルプスワインを生産している会社は長野の塩尻というところにあります。

塩尻だけだと、あんまりご存知ない方がおられるかもしれませんが、松本の下です。

塩尻駅は正直言って、何もない寂しい駅なので、行ったって、たいしたことありません。

塩尻といえば、wikipediaによると、日本海から塩を売る人たちがやってくるんですが、ちょうど、この塩尻のあたりで、売り切れになることが由来とする説や、塩の道の終点=塩尻ということに由来するとか言われています。

塩は、昔から大事だったんですねえ。

そんな昔から日本人に馴染みの深い塩!

ポテトチップスの相棒といっても過言ではない塩!

...彼は、ごま油と出会ってしまった。

これだけ書くと、この塩さん、いかにも日本人みたいな感じですけど。

この商品に使用されている塩の50%は、フランスのロレーヌ地方の岩塩ということで、ごま油と出会ったこの塩は、フランスとのハーフですね!

塩のとげとげした部分をごま油がうまく包み込んでくれる、そんなちょっとロマンチック(?)な味です!

パッケージの、このごま油に塩が浸っている写真を見て、「なんでコンソメスープが映っているんだろう」なんて思ってしまったのは内緒でーす!

もしかしたら、味が濃いかもしれないので、お飲み物を片手にどうぞ!

よかったら、塩尻に来てください!

塩尻の観光地といえば、中山道の宿場町のひとつである奈良井宿がありまーす!

漆器が欲しい人もよかったら、お越しください!

長野のB級グルメで有名な山賊焼の発祥の地も、塩尻と言われています!

よかったら、どうぞー!

2019年12月10日


pagetop