走馬灯擬似体験AR app

あなたは、走馬灯を見たことがありますか?

  • App Store からダウンロード

対応OS: iOS 12.0以降。iPhone、およびiPod touchに対応。

走馬灯とは

「回り灯篭」など、複数呼び名が存在します。
中国で発祥し、日本でも江戸時代中期から作られるようになりました。

二重構造の中の灯篭に馬の絵を貼り付け、灯篭の中心にある蝋燭に火をつけると、外側の灯篭に馬の絵が投影され、火の熱によってくるくると回ります。
映し出された馬が途切れることなく走り続けているように見える事から、走馬灯と呼ぶようになったそうです。

突然の出来事で死を確信した極限状態の時に、記憶が連続して蘇る様子を「走馬灯のように」と呼ぶようになりました。
しかし、走馬灯のように記憶が蘇る体験を誰しもするわけではありません。

このアプリはARを用いて走馬灯を疑似体験してもらうアプリになります。

……というのは建前で、雰囲気のある写真ギャラリーアプリを作りたくて作りました。

このアプリは、写真アプリに写真データが必要となります。
写真を撮ってどんどん蘇る記憶を増やしていきましょう!

作りたいものを作る。作ってみたいから作る。

ワシューラボは、さまざまなプロジェクトの隙間で、自分たちが使うアプリを作っています。完全無料です。気軽にお使いください。

利用するのに個人情報の登録も必要ありません。
ダウンロードして、今すぐ利用してみましょう

  • App Store からダウンロード

対応OS: iOS 12.0以降。iPhone、およびiPod touchに対応。


pagetop