月刊四谷マガジン君Gekkan Yotsuya magajin-kun

ポテチ勝手に名鑑その46:ピザポテト・ジェノベーゼ味

自分が小さい頃は、誕生日にコース料理の店に連れていかれたんですよ。

そこで出てくる一皿に、かかっている鮮やかな緑のソース。

それがジェノベーゼとの出会いでした。

ただ、当時の私はジェノベーゼを知るべくもなく。

味だけはおぼえていたんですが、そのまま月日は過ぎ、東京に出てきて、とあるイタリア料理の店で機嫌が悪い中、選んだ一皿にたまたまあったんですよ。そのジェノベーゼが。

それを食べたとき、「は! この味、懐かしい!」

そんなことがあり、時にはスーパーでジェノベーゼのソースを買っちゃったりして、すっかり、ジェノベーゼをおぼえた私です。

つまり、このポテチは出会うべくして出会ったものと言って、過言ではないでしょう。

見た目はあまりジェノベーゼ感ないんですが、食べてみるとちょっと口の中で広がって、びっくりしますねえ。

これぞ、バジルの味よおおおおぉ。

気軽にジェノベーゼを楽しめるので、みなさん、どうぞーー!

....てな感じで、真面目に感想を考えてみました。

最近、脱線気味なので。

子供の頃に連れていってもらったお店は、今はもう潰れてしまったそうで、とても残念です。。。

そのときのご夫婦には、またお店をやっていただきたいなぁ。

2019年10月10日


pagetop